orit.の生地は、風合いやデザインを大切にしているため非常にデリケートな素材を使用しています。
以下の注意事項をよくご理解頂き、長くご愛用いただけますと幸いです。

・極限まで甘く織った生地は、引っ掛かりやすくひきつれやすいため、着用の際は爪やアクセサリー等に十分ご注意下さい。

・使用時の摩擦等により目寄れが生じることがありますのでご注意下さい。目寄れは指先で優しく整えることにより、ある程度回復します。

・プリント部分は手作業のため1点1点違います。また、洗濯を繰り返すうちに風合いが変化してきます。変わっていく風合いも合わせてお楽しみ下さい。

・デザインの特性上、裁ち目処理をしていない部分があります。着用、洗濯・クリーニングによって多少ほつれが生じることがありますのでご了承下さい。

・乾燥機のご使用はお避け下さい。

・洗濯の際は中性洗剤を使用し、単独で優しく洗っていただくか、洗濯機をご使用の際は単独でネットに入れて洗い、平らな場所で形を整えてから干して下さい。

・長期間ご使用のない場合は、洗濯後よく乾かしてから平たたみにし、風通しの良い暗所にて保管してください。




なるべく大きいものの方が洗いやすいです。

ストールは空気を含んでいますので、初めは沈みにくいですが優しく押してやると徐々に水を吸って沈んでいきます。

お使いの洗剤の説明書をよくお読みいただき、時間を調整して下さい。

洗剤が残らないように何度か水を換えてよくすすいで下さい。




絡まりを防ぐため、必ずたたんで単独で入れて下さい。

脱水は絡まりや変形の原因になりますので避けてくだい。

濡れたまま長時間放置すると色落ち、色移りの原因になります。

干し方は下で詳しく解説します。




強く絞らず、たたんだストールを手で挟んで水を出していきます。

垂れてこない程度に水が切れていれば、そのままでも干せますが、タオルに水を吸わせておくと、乾燥が早く歪みも少なくなります。

ここできれいに伸ばしておくと、アイロンが楽になります。

ハンガー2本を使っても同じように干せますが、針金のような細いハンガーの場合、乾いた時に跡が残りやすくなります。




アイロンがけの際はできるだけ当て布(要らなくなったシャツ生地やハンカチの端切れ等)を使うようにして下さい。

アイロンを滑らせると、織り目が歪んでしまう事があります。

この時もアイロンは滑らせずに、押すようにかけていきます。当て布の使用をお勧めします。

アイロン後にストールに水分や熱が残らないように陰干しをお勧めします。